民俗女子の自由帳

~この世は不思議が多すぎる~

【蔵出し写真館】我が家のバラ3選

秋バラの季節になりましたね。以下は、以前住んでいた家で撮影したバラの写真です。 【ティノ・ロッシ】フランスの歌手から名前をとったバラ。現代人が「バラ」と言われたら、まず思い浮かべるのはこんな形ではないでしょうか? 色よし、形よし、そしてなに…

【雑記】ユーハイムのフランクフルタークランツ、大中小のどれが一番お買い得?

バタークリームのケーキと言えば、昭和を代表するお菓子です。「昔はケーキと言えばこれだったのよ~」と勧められ、「生クリームに勝てるわけないでしょ」などと思いながら口にした私は驚きました。なにこれ、おいしい! 生クリームとはまた別の、しっとりと…

【蔵出し写真館】秋の日光

日光山輪王寺へ向かう石段を上へ上へ。さらさらと落ちてくるもみじが足元に彩りを添えます。 行きついた先には立派な木々が。 さらに近づいて、1枚パシャリ。 そばの小さな水路を覗くと、冒険の旅に出たもみじたちがいっぱい!(でも詰まってる……笑) 金谷…

【怪談・奇談】秩父で集めた川の怪談2種

【大正生まれの男性から聞いた話】 自分から数えて三代前の先祖の話なんだけど。ある年のお盆の昼ごろ、家の前を通りがかった女の子にぼたもちをあげたんだと。そうしたらその日の夕がた雷雨があって、川に放った投網に大きな魚がかかった。で、料理しようと…

【4コマ漫画】がっかりからのハイテンション

このあと、栗は散々くんくんされたあげく、あえなく廃棄となりました。 ちなみに猿酒(さるざけ)とは、自然界で発見される人の手が加わっていないお酒のことです。果物や樹液が自然に発酵してでき、野生の猿がそれで飲み会をしたり、知らずに食べた野鳥が酔…

【蔵出し写真館】秋の海で癒される

9月から11月にかけて撮った、癒し系の海の写真3枚です。 9月中旬、ハワイのワイマナロ・ベイ・ビーチパーク。2015年に全米ベストビーチのナンバー1にも選ばれた場所です。 風の強い秋の浜に、ちょこんと残されたライフガードのボードが印象的です。 10月中…

【蔵出し写真館】10月にゲットした珍しい食べもの3種

やって来ました食欲の秋。せっかくなので、ちょっと珍しい食べものを3つ紹介したいと思います。 【その①】中まで赤いリンゴ 小ぶりでかわいいリンゴ。名前を五所川原(ごしょがわら)と言って、その名のとおり青森県の五所川原で採れます。昔、旅行に行った…

【4コマ漫画】それ言ったらアカンやつです

「1970年代のSF映画は勉強になるよ!」「宮崎駿もめっちゃ影響受けてるよ!」と、ある人から教わって、せっせと見ていたころの話。ちなみにこの『ソイレントグリーン』も70年代SFの一作なのですが……。 【ソイレントグリーン あらすじ】 時は西暦2022年、人口…

【4コマ漫画】憑きもの落としの話

このあと、神主であるお爺様が取り憑いていたキツネを叱責し、どうにか退散させることができたそうです。余談ですが、自分は子どものころ、「化けネコとか化けギツネって聞くけど、どうして化けゾウとか化けキリンはいないの? おかしいよ!」と思っていまし…

【蔵出し写真館】日本人は鉢植えが好き?

ある日、イギリスのナーセリーからパンフレットが届きました。要は、「素敵なバラがいっぱいあるから苗買ってね♪」ということなのですが、その中の一文にちょっとハッとさせられました。 「日本の方は、庭に直植えするよりも、鉢に植えるのがお好きなようで…

【俗信】三面ギンナンにまつわる言い伝え2種

何年か前、職場でギンナンをいただいたときのこと。さっそく家に持ち帰り、なにげなく粒を見たところ…… 二面の実に交じって、一粒だけ三面の子がいる!(写真、ピンボケですみません……) いつだったか、「三面のギンナンはメスの種だよ」と言っていた人がい…

【4コマ漫画】なめくじに敗北する

自分はまったくの下戸なので、お酒のおいしさがわかりません。ちょうど頂きものの発泡酒があったので、「これも同じだよね?」と仕掛けたところ、見向きもされませんでした。なめくじ、侮りがたし。

【ヴィンテージ】戦後の日本製カボション

戦後の日本で、輸出用に作られていたカボションになります。そのどれもが精巧で、海外ではまったく見かけないデザインです。 ちなみに、カボションとはブローチの台座にセットする飾りのこと。ですが、上のタイプは穴があるのでペンダントトップに。(中央の…

【4コマ漫画】人には言えないトラブル

まじめな話、この手の本は一次資料が不明だったり、単なる既刊本の寄せ集めだったりと、「読みものとしてはおもしろいけど、その先には広がらない」ものが多数を占めます。 ハズレを掴まされないために、個人的にオススメなのは博物館の図録です。一次資料も…

【怪談・奇談】眉唾もの? 嘘かほんとか考えさせられた狐とラジオの話

【秩父の山奥で、あるご老人から聞いた話】 ラジオがまだ珍しかったころなんだけど、それを畑に持っていって草の中に置いた人がいたんだ。そうしたら、通りがかった何も知らないおばあさんが、そばに転がっていた岩がしゃべりだしたと勘違い。「狐でも憑いた…

【蔵出し写真館】幻想的な深紅の絨毯

いよいよやって来ました曼殊沙華(彼岸花)の季節。この花、桜と一緒で毎年微妙に開花の時期が変わりますよね。今年の曼殊沙華は気が早いようで、我が家の白いタイプはもう半分ほど咲いています。お彼岸の時期ぴったりなら摘んでお詣りに行くんですが、来週…

【怪談・奇談】三峯神社の怖い話、不思議な話3種

大学時代、民俗学のフィールドワークで集めたお話です。今回は秩父にある三峯神社について。 【50代の女性に聞いた話】 かなり昔の話だけど、私の夫が弟と友人の三人で三峯神社の石垣の修理に出かけたのね。そうしたら、お焚き上げと呼ばれるオイヌサマ(オ…

【怪談・奇談】秩父で集めた山の怪談3種

大学時代、埼玉県の秩父で伝説や昔ばなし、世間話(怪談、奇談)を集めていました。そのとき手に入れた話の中でも、山にまつわる選りすぐりのものを紹介したいと思います。 【80代の女性から聞いた話】 猟は11月から解禁になるけど、ひのかんりん(漢字で書…

【蔵出し写真館】横浜港から硫黄島まで島伝いに進んでみた

東京湾から南に1,200キロ。数年前に硫黄島まで行ったとき、船から見えた島々の記録です。まずはざっくり地図で確認。赤丸をつけた場所が写真有りの島になります。(地図はWikipediaのパブリックドメインを加工) 午後5時に横浜から出航、すぐに日没。翌朝午…

【怪談・奇談】ヴェネツィアの呪われた家

以前、ヴェネツィアに行ったとき、ガイドさんに「あの家、呪われてるって有名なんですよ!」と案内され、思わず撮った写真がこちらです。その名もパラッツォ・ダリオ(ダリオ宮殿)。 1487年、ヴェネツィア政府の評議員だったジョヴァンニ・ダリオが建てたも…

【4コマ漫画】パリは燃えていてだるまちゃんとかみなりちゃんの運命やいかに

【加古 隆(かこ たかし)】日本の作曲家、ピアニスト。代表作はNHK『映像の世紀』の「パリは燃えているか」。 【かこ さとし】日本の絵本作家、児童文学者、工学博士、技術士。代表作は『からすのパンやさん』、『だるまちゃんとかみなりちゃん』。 「パリ…

【伝説れぽーと】嘘かまことか? 「源義経=チンギス・ハン」伝説について調べてみた(アップデートVer.)

※こちらは2020年9月22にアップした『嘘かまことか? 「源義経=チンギス・ハン」伝説について調べてみた』のアップデート版になります。さらにおもしろい事実がわかったので最後に追記を加えました。 「源義経は実は生きていた。大陸に渡りチンギス・ハンと…

【4コマ漫画】「呼ばれる」とはこういうこと?

北関東某所でのお話。あとで調べたところ、昔は近所に小さな村があったようです。町からかなり遠く、標高もそこそこ高い場所でしたが、意外とそばまで車で行けるので、お墓は残していったのかもしれません。 これ以降、この山の家でバイトをしたときは、あい…

【4コマ漫画】実は仮想世界の住人?

反対に、自分が古い言葉を使っていないか気になります……。

【4コマ漫画】異国の路上で

夏が来ると必ず思い出すエピソード。今はどうなっているんだろう……?

【蔵出し写真館】墓地の島、2選

旅先で見た、印象に残ったお墓の島を紹介します。 【記録場所】イタリア サン・ミケーレ島 ヴェネツィア本島の北に位置する墓地の島。周囲を壁に囲まれていて、中を窺い知ることはできません。 ヴァポレット(水上バス)を降りて島に上陸。奥に見えるのはイ…

【怪談・奇談】かつての戦地に戻って、二度と帰らなかった人の話

【第二次世界大戦で出征した男性の話】 戦時中、自分はインドネシアのスマトラ島という場所にいたんだ。元は蘭領インドシナと言ってな、高地にはオランダ人が住んでたんだが、自分が行ったときにはすでに逃げた後だったよ。 幸いにして大きな戦闘は起こらず…

【4コマ漫画】とりあえず大団円

『傭兵デンのガーデニング村奮闘記』最終回。 はじめから →【①】 ひとつ前から→【⑥】 起承転結の起の部分でおしまいです。これから傭兵としてアブラハムと戦ったり、パピヨンマスクのおかしな怪盗に狙われたり……というのを、昆虫、植物うんちくも交えて描こ…

【4コマ漫画】傭兵? 用心棒? 警備員?(用語統一は重要です)

『傭兵デンのガーデニング村奮闘記』第6話。 はじめから →【①】 ひとつ前から→【⑤】 コマの構図がすべて同じという、作者のレベルの低さが露呈する回。この村長の名前が「おトラ」(第5話)なのは、ツルバラのトラディション95からの連想になります(家に…

【4コマ漫画】国の滅亡<吸血鬼<おトラ(脅威の度合い)

『傭兵デンのガーデニング村奮闘記】第5話。 はじめから →【①】 ひとつ前から→【④】 主人公最大のピンチ。 続きはこちら→【6】