民俗女子の自由帳

~この世は不思議が多すぎる~

4コマ漫画

【4コマ漫画】がっかりからのハイテンション

このあと、栗は散々くんくんされたあげく、あえなく廃棄となりました。 ちなみに猿酒(さるざけ)とは、自然界で発見される人の手が加わっていないお酒のことです。果物や樹液が自然に発酵してでき、野生の猿がそれで飲み会をしたり、知らずに食べた野鳥が酔…

【4コマ漫画】それ言ったらアカンやつです

「1970年代のSF映画は勉強になるよ!」「宮崎駿もめっちゃ影響受けてるよ!」と、ある人から教わって、せっせと見ていたころの話。ちなみにこの『ソイレントグリーン』も70年代SFの一作なのですが……。 【ソイレントグリーン あらすじ】 時は西暦2022年、人口…

【4コマ漫画】憑きもの落としの話

このあと、神主であるお爺様が取り憑いていたキツネを叱責し、どうにか退散させることができたそうです。余談ですが、自分は子どものころ、「化けネコとか化けギツネって聞くけど、どうして化けゾウとか化けキリンはいないの? おかしいよ!」と思っていまし…

【4コマ漫画】なめくじに敗北する

自分はまったくの下戸なので、お酒のおいしさがわかりません。ちょうど頂きものの発泡酒があったので、「これも同じだよね?」と仕掛けたところ、見向きもされませんでした。なめくじ、侮りがたし。

【4コマ漫画】人には言えないトラブル

まじめな話、この手の本は一次資料が不明だったり、単なる既刊本の寄せ集めだったりと、「読みものとしてはおもしろいけど、その先には広がらない」ものが多数を占めます。 ハズレを掴まされないために、個人的にオススメなのは博物館の図録です。一次資料も…

【4コマ漫画】パリは燃えていてだるまちゃんとかみなりちゃんの運命やいかに

【加古 隆(かこ たかし)】日本の作曲家、ピアニスト。代表作はNHK『映像の世紀』の「パリは燃えているか」。 【かこ さとし】日本の絵本作家、児童文学者、工学博士、技術士。代表作は『からすのパンやさん』、『だるまちゃんとかみなりちゃん』。 「パリ…

【4コマ漫画】「呼ばれる」とはこういうこと?

北関東某所でのお話。あとで調べたところ、昔は近所に小さな村があったようです。町からかなり遠く、標高もそこそこ高い場所でしたが、意外とそばまで車で行けるので、お墓は残していったのかもしれません。 これ以降、この山の家でバイトをしたときは、あい…

【4コマ漫画】実は仮想世界の住人?

反対に、自分が古い言葉を使っていないか気になります……。

【4コマ漫画】異国の路上で

夏が来ると必ず思い出すエピソード。今はどうなっているんだろう……?

【4コマ漫画】とりあえず大団円

『傭兵デンのガーデニング村奮闘記』最終回。 はじめから →【①】 ひとつ前から→【⑥】 起承転結の起の部分でおしまいです。これから傭兵としてアブラハムと戦ったり、パピヨンマスクのおかしな怪盗に狙われたり……というのを、昆虫、植物うんちくも交えて描こ…

【4コマ漫画】傭兵? 用心棒? 警備員?(用語統一は重要です)

『傭兵デンのガーデニング村奮闘記』第6話。 はじめから →【①】 ひとつ前から→【⑤】 コマの構図がすべて同じという、作者のレベルの低さが露呈する回。この村長の名前が「おトラ」(第5話)なのは、ツルバラのトラディション95からの連想になります(家に…

【4コマ漫画】国の滅亡<吸血鬼<おトラ(脅威の度合い)

『傭兵デンのガーデニング村奮闘記】第5話。 はじめから →【①】 ひとつ前から→【④】 主人公最大のピンチ。 続きはこちら→【6】

【4コマ漫画】ネーミングがダジャレに近い

『傭兵デンのガーデニング村奮闘記』第4話。 はじめから →【①】 ひとつ前から→【③】 「主要人物を表舞台から引っ込める」のによく使われる「崖から墜落、水に呑まれる」エピソード。そして大概生きています。 続きはこちら→【⑤】

【4コマ漫画】吸血鬼は平等主義?

『傭兵デンのガーデニング村奮闘記』第3話。 第1話→【①】 第2話→【②】 まさかの害虫うんちく漫画。 つづきはこちら→【④】

【4コマ漫画】ファンタジーバトルでプロレス技

『傭兵デンのガーデニング村奮闘記』第2話。 前回はこちら→【①】 まさかのドロップキック。(剣は使わない) ※つづく→【③】

【4コマ漫画】黒歴史な漫画を発掘したので晒してみた

男もすなる漫画といふものを、女もしてみむとてするなり。というわけで、メモリの底から発掘した、かなり古い漫画になります。 バラにハマりだしてしばらくたったころ、家のパソコンにフォトショが入っているのを発見し、「これで何かやってみよう」と描いた…

【4コマ漫画】秋葉原でなぜこれを?

それぞれの店主の趣味が垣間見えて、見ているだけでも楽しいのがレンタルショーケース。ただ、ホビー関係の商品が多い中で、縄文土器はかなりの異彩を放っていました。なにゆえ、これを秋葉原で売ろうと思ったのか……。 (あと、どうやって手に入れたの⁉) 以…

【4コマ漫画】休日はドラゴン退治⁉

とりあえず、バラ用の手袋は持ってるんですが、枯れ葉などを見つけるとついつい素手で掴んでしまい、気づくと傷だらけの状態に……。ゲームじゃないけど、「装備しないと意味がない」の典型です。

【4コマ漫画】検証⁉ 学校の怪談!

年齢を重ねても、「もう少し考えてから行動に移そうよ……」と自分で自分にツッコむことが多いです。

【4コマ漫画】抜いた魂、どこへ行く?

ことわざに「仏つくって魂入れず」なんてのもありますが、抜く以前に、どこから持ってくるんだ? という疑問もかなり前からありました。で、同じく先生に伺ったんですが、やっぱり考えたこともないそうで。 現実的な知人いわく、「魂なんて存在しないよ。考…

【4コマ漫画】天国の場所

「天国にいる」=「すでに亡い人」という暗黙の了解が子どもには通じません。大人になるということは、こういうオブラートに包んだ表現を覚えていくことでもあるんだなぁと思いました。

【4コマ漫画】副業を 禁止するなら金をくれ(俳句風)

ちなみに、副業は絶対禁止と思われがちな公務員ですが、実は可能だったりします。私がリアルで出逢ったのは、お坊さん、私大講師、小説家の方たち。もちろん、上司の承認は必須ですが……。うらやましい!

【4コマ漫画】真夜中の招かれざるモノ

夜は静かに過ごすもの、という考えが先にあって、それを破るとよくないものが家に来る、ってことなのだと思いますが、竜はどうなんでしょう? アジア圏だと縁起がいい生きものですよね。まぁ、来たら来たで迷惑ですが(笑)。

【4コマ漫画】育てると不幸になる? トウモロコシの謎

3連発のトウモロコシネタ、ラストになります。文字ばかりの漫画ですみません……! 【その1】 【その2】

【4コマ漫画】自分で植えて、自分で回収。

前回からの続きになります。 せっかく芽が出たトウモロコシを引っこ抜くのが忍びなくて、面白半分育てていたら最後はこんなオチ。彼らはしっかり者……というか、ちゃっかり者です。

【4コマ漫画】いわくつき? 勝手に生えてくる作物

おもしろそうなので、下手人を調べてみることにしました。結果は次回!

【4コマ漫画】将来設計に転生はアリですか?

公務員、起業家、作家に漫画家(大学のサークルが創作系だったので……)は聞いたことがありましたが、「転生して軍師」は後にも先にもこのときが初めてで、返事に困りました。まぁ、転生してもしなくても、「自分で自分の人生の軍師になる!」というのが一番…

【4コマ漫画】中身よりも外見で「あっ…(察し)」になる

中身を読まなくても、「あ、これ相当まずい」というのがひしひしと伝わってくるのがなんとも悲しい……。その一方で、戦前と昭和30年代の旅行雑誌は、表紙だけではどちらが古いか素人には判断がつきかねました。印刷技術も優劣つけがたいし、好んで使われる構…

【4コマ漫画】自分の心に従ってみる

友人がいつもにこにこしている理由がわかった気がしました。 ちなみに下は、私が好きなキャラクターの笑顔。 『遠い国から【追伸】カオカオ様が通る』より。諸星大二郎は控えめに言って天才です……。

【4コマ漫画】博物館職員にありがちなこと

お仕事は休みなのに、講演会やミュージアムトーク目当てに職場に来ちゃう職員さん、意外と多いんじゃないかと思います。私のように、休日なのに出勤と間違えるような人は滅多にいないと思いますが……。