民俗女子の自由帳

~この世は不思議が多すぎる~

【蔵出し写真館】幻想的な深紅の絨毯

いよいよやって来ました曼殊沙華(彼岸花)の季節。この花、桜と一緒で毎年微妙に開花の時期が変わりますよね。今年の曼殊沙華は気が早いようで、我が家の白いタイプはもう半分ほど咲いています。お彼岸の時期ぴったりなら摘んでお詣りに行くんですが、来週まで咲いているかな……?

というわけで、数年前に見に行った曼殊沙華の群生地の写真をば。橋のむこうに赤い絨毯が見えます。

f:id:toribeno3:20200418181819j:plain

 

さらに近づくと……どこもかしこも曼殊沙華だらけ!

f:id:toribeno3:20200418181839j:plain

 

クロアゲハが2匹戯れていたのですが、うまくタイミングを捉えられず一匹だけ。赤と黒のコントラストは鮮烈ですね。

f:id:toribeno3:20210913081308j:plain

 

白いタイプも見つけました。

f:id:toribeno3:20200418181903j:plain

 

こちら、埼玉県日高市にある群生地(なんとその数500万本!)なのですが、コロナ禍の今年は全部刈り取ってしまったそうです。(刈り取った人、すごく悲しかったろうな……)駅から徒歩15分くらいで、たとえ道がわからなくても観光客が列をなして進んでいくので絶対に間違えない場所でした。つまり、それくらい密になりやすい場所なんですよね。また見に行ける日まで、じっと待つことにします。

 

【記録場所】埼玉県日高市 巾着田