民俗女子の自由帳

~この世は不思議が多すぎる~

【蔵出し写真館】10月にゲットした珍しい食べもの3種

やって来ました食欲の秋。せっかくなので、ちょっと珍しい食べものを3つ紹介したいと思います。

 

【その①】中まで赤いリンゴ

f:id:toribeno3:20211009222918j:plain

小ぶりでかわいいリンゴ。名前を五所川原(ごしょがわら)と言って、その名のとおり青森県の五所川原で採れます。昔、旅行に行ったとき見つけたもので、切ると赤い部分がじわじわと滲んで白い部分を侵食します。個人的には、パフェなどの飾りにするより砂糖と一緒に煮てジャムにしたほうが美しい気がします。10月に収穫される品種で、東京は飯田橋にあるアンテナショップ(北彩館)でも手に入るので、お近くの方はぜひどうぞ。

 

【その②】本州以北だと馴染みが薄いかもしれない食材

f:id:toribeno3:20211009222934j:plain

関東圏の道の駅で手に入れた青パパイヤです。お店の人に訊いたところ、管理が比較的楽なので、関東北部でも休耕地を中心に栽培が広まっているそうです。パパイヤと言えば南国のもの、しかも夏に採れる、という先入観があった自分には、10月に関東でパパイヤが採れるなんて考えてもいませんでした。せっかくなので購入し、さっそく家で調理を開始。

f:id:toribeno3:20211009223004j:plain

作ったのは青パパイヤと豚肉の炒めもの(ピーマン入り)です。石垣島に行ったとき、「夕飯どうしようかな~?」と悩みながら入ったスーパーで発見し、「なんと沖縄らしい!」と嬉々として購入した記憶があります。まさかこれを、自分で作る日が来ようとは……! なんだか不思議な気分になってしまいました。

 

【その3】中秋の名月にもらったもの

毎年旧暦8月15日は中秋の名月。年によっては9月になったり10月になったりします。去年は10月1日で、知り合いの方から贈りものをいただきました。てっきり「中秋の名月」=「月餅」と思って開封したら、餅茶(ビンチャ、もちちゃ)と呼ばれる緊圧茶(きんあつちゃ)でびっくり! 一瞬、マンホールの蓋かと思いました……。

f:id:toribeno3:20211009223320j:plain

ちなみに写真の上部、なんとなく崩れてるのは頑張って砕こうとした跡です。これ、中国の方はどうしてるんだろうと調べたら、緊圧茶を崩すための道具があるのだとか。なにそれ、ほしい! ちなみにお茶の種類はプーアールで、とてもおいしゅうございました。

というわけで、以上、10月に出会ったちょっと珍しい食べもの(含む、飲みもの)でした。