民俗女子のひとりごと

~この世は不思議が多すぎる~

【秘密のコレクション】世界の少数民族のお土産

少数民族や先住民が住む土地に出かけると、現地の伝統を感じさせる品物がほしくなります。

f:id:toribeno3:20200817203326j:plain

:コアウッドのお椀。

コアはマメ科の植物で、ハワイの先住民が高級木材として利用していました。

(本当はサラダボウルほどの大きさが一般的なのですが、とてもお高いので一番小さなものを買いました)

:白樺の瘤をくり抜いて作ったカップ、ククサ。

スカンジナビア半島北部に住むサーミ人が作成。

トナカイのイラストも描いてくれました。

「ムー〇ンもできますよ」と言ってくれたのですが、版権が怖かったので、丁重にお断りしました。  


f:id:toribeno3:20200320122418j:plain

函館市北方民族資料館の体験講座で作成しました。

左がウイルタ、右がアイヌの民族文様。

どちらもかわいいです。 

 

f:id:toribeno3:20200320122515j:plain

木彫りのフクロウ。

極東ロシアで商売上手なウデヘ族のおじいさんから150ルーブルで購入。

この方は彫刻家で、網走にある北方民族博物館に作品を収めたこともあるそうです。

そちらもいつか行ってみたい……。

 

f:id:toribeno3:20200817203657j:plain

ウイグル族の女性の帽子。

バザールの片隅で埃をかぶっていたものを購入。

土産物屋のものより糸が細く、刺繍が精巧なのがうれしいです。

 

以上、とても趣味に偏ったお土産でした。